少人数の結婚式は寂しくない?

賑やかだけが正解ですか?

ドラマでも何でもそうですが、結婚式と言うと大勢の人間が集まって賑やかに進行しています。なので多くの人の頭の中に結婚式=賑やかなものという構図が出来上がってしまいました。ただ、結婚式は時代と共に変化しますし、人との付き合いが希薄になりつつある今は少人数での結婚式が増えつつあります。
確かに少人数での結婚式は、人が少ない分盛り上がりに欠けます。ただ、結婚式と言うのは盛り上がることが第一ではなく結婚する二人の愛を確かめるステージです。言わば、結婚式を行う二人さえ良ければ、どのような結婚式であっても正解なのです。望んで少人数の結婚式を行ったとすれば、誰に何と言われようと関係なく賑やかだけが正解ではないのです。

少人数ならではのメリット

少人数ならではのメリットが多々あります。まずは狭い会場で十分なので、会場の費用が少額で済みます。来場者に対する席などの確保も大変ではないですし、あらゆる面で楽です。昨今の景気は低迷気味で、結婚式に費やすお金が生活を困窮させることがあります。それでは本末転倒なので、少人数制で済ませると経済的に助かります。
両親への感謝の言葉も、より近い距離で伝えることができるので更に感動的な展開になるかもしれません。少人数だからこそプライベートの突っ込んだ話を盛り込むことができるので、より濃い内容になります。
単に、性格的に賑やかな雰囲気が苦手だったり、人をわざわざ呼ぶのを面倒だと思った場合なども少人数が好ましいです。

親族で結婚式をするメリットは準備が楽なことです。具体的にはゲストのリストアップや席次を作るという作業がありません。